ミンナノシェア | ママ美容師とママをつなぐ訪問美容マッチングサービス

ミンナノシェア

美容室に行けないママのお宅へ
ママ美容師が出張します。

美容室に行けない
ママたちのために

新生児期

赤ちゃんを置いていけない。
天気が悪いと大変!
サロンにキッズルームがない。

幼児期

走り回るのから連れていけない!
キッズルームでもじっと
していられないので心配。

妊娠期

つわりがひどくて出かけられない。
サロンのにおいが気になる。
シャンプーで上を向くのが辛い。

訪問美容を受けられる方は美容法で決められており、
誰でも受けられるわけではありません。

自宅に来てもらえるのは、
サロンに行くのが困難な状況にある人。

例えば、高齢の方、傷害や病気をお持ちの方、
そして産前産後子育て期のママ達。

これを総称して「福祉美容」といいます。

※本サービスは、理容法・美容法及び「出張理容・出張美容に関する衛生管理要領」に準じて行っております。

ミンナノシェアのいいところ

赤ちゃんの世話をしながら
カット、カラーができる。

妊娠中、産後でも体調を見ながら
ゆっくり施術
できる。

こどもたちも家で安心
自分のおもちゃで遊びながら過ごせる。

ママ美容師も子育て中のママ。
女性同士なので安心。

ママ同士でおしゃべり。
情報交換や雑談でリフレッシュできる。

ミンナノシェアの最新情報のチェックは
SNSをフォローすると受け取れます。

 

愛知県:岡田さん

授乳しながらでもできるのが助かりました。

美容師もママなので授乳がケープなしでも恥ずかしくないので楽!

子どもが騒いでも大丈夫というのがあらかじめわかっていたので、気遣いなく安心できました。

愛知県:尾崎さん

こどもたちを連れていくのは大変...来てもらってとてもよかった!

すっぴんでもOKなのがうれしい。

離乳食を準備や、こどもをあやすこともできてとてもよかったです。

美容師さんとの会話が弾みました!

愛知県:山田さん

産後すぐに髪を切りたい気持ちが強かったので、嬉しい気持ちが強かったのもあり、訪問美容に対して不安はなかったです。

出かける準備が必要がないのが良いですね。

特に小さな赤ちゃんの場合、
自宅なのはとても安心。

モニター応募

ミンナノシェアの
訪問美容を無料体験してみませんか

美容師のママ友を誘って、ママ美容師はお友達のママを誘って一緒に応募も大歓迎です。
よりよいサービスになるように、様々な意見をおきかせください!

 

モニター応募条件

対象地区:名古屋市にお住まいの方

以下応募条件に該当する方が
無料で訪問美容体験を受けられる企画です。
施術を受けるママとママ美容師のペアでご応募大歓迎。

応募条件

施術を受ける側のママは以下の2つのうちどちらかに該当すること

(1)妊娠中でサロンに行くことが体調面から難しい方
(2)乳幼児の育児をしているママ(保育園・幼稚園を利用している場合は対象外)

ママ美容師は以下の2つのうちどちらかに該当すること


(1)美容師国家資格を所持していること
(2)子育て中のママで、現在美容師として働いていない方で、美容師に復帰したい気持ちのある方を優先します(既に復帰している方、フリーランスの方の応募も可)


※ママ美容師はママスタコミュニティに会員登録している必要があります。MAMASTA!サイトはこちら
※マッチングサービスの問題点を抽出するため、ママ美容師が窓口になり施術日程の調整にご協力ください。
※事務局スタッフがモニター調査のために同行させていただき、インタビューや撮影をさせていただきます。
※モニターの様子を様々な媒体に活用することがあります。著作権はMAMASTA!プロジェクト事務局に帰属します。
※モニター後はお二人ともSNSにてモニターの様子を発信してください。

MAMASTA!とは

ママスタ®は、
ママ美容師さんの復職を
応援しています!

美容師が10年で
なんと90%が辞めてしまう

日本全体を見ると女性の復職率は、
第一子出産後に53.1%が復職。
正社員に至っては69%が復職(*1)しているが、美容師は全体の37%(*2)にとどまります。

美容師は10年でなんと90%が辞めてしまうというデータもあり、大変な環境であることがうかがいしれます。
その中で子育てと仕事の両立に、しり込みしてしまうのかもしれません。

復帰できない理由は、福利厚生や社会保障制度が未整備で産休、育休取得ができない、夜遅くまでの業務になりやすい、子育て中の自分に合ったサロンが見つからないなど、復帰を諦めざるをえない事実があります。

※国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査(夫婦調査)」(2016)より
※2 2018年MAMASTA!プロジェクト実施アンケート調査より

どうやって復職したら
いいのかわからない

多くの企業では、出産を迎えると様々な情報が入ります。

それは職場からの情報であったり、先輩ママや同僚などからの情報です。
しかし、美容業は横のつながりが薄く、学校卒業後はサロン単位での交流になることが多くなるため、美容室を超えた情報が入りづらいのです。

出産後に所属していた美容室に復職できなかった場合、その他の選択肢を得る情報源に乏しく、どうやって復職すればいいのかわからないと回答する人が、実に13%にも及ぶ(離職中スタイリスト)事がわかりました。

大好きな美容の仕事を
つづけてほしい!

私たちMAMASTA!プロジェクトは、女性美容師が結婚や出産をきっかけに大好きなハサミから離れざるを得ない状況を何とかしよう!と立ち上がったプロジェクトです。

美容師さんはきれいになったお客さんの笑顔を見るのが大好き!
人のためになる仕事が大好き!
そんな人ばかり。

今、復職したい!と切に願う美容師さん、これから結婚や出産を迎える美容師さんのためにも、私たちができることをどんどん世の中に仕掛けていきたいと思っています。
ぜひ皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。

MAMASTA!サイトはコチラ

ママ美容師さんへ

ママ美容師のコミュニティに
参加しませんか?

MAMASTA!の働き方改革のために、ママ美容師さんのリアルな声を聞かせてください。

Facebook上のグループ(招待制)で、ママ美容師さん同士のコミュニティをスタートしました。

美容師資格をお持ちのママであれば参加OK。
テーマに沿ってディスカッションしたり、質問したいことを投稿したり、復職のための情報交換の場としてもご利用ください。

お問い合わせ

一般社団法人 国際総合ビューティスト協会 MAMASTA!プロジェクト事務局

本社所在地:〒460-0017 名古屋市中区松原一丁目13-9
電話番号:052-339-0320 
FAX番号:052-339-0323

お問い合わせフォーム

Copyright(C) 一般社団法人 国際総合ビューティスト協会 MAMASTA!プロジェクト事務局|ミンナノシェア

TOPにもどる